関西ペイントマリン株式会社
製品情報会社情報
当サイトのご利用に当たって
 船舶製品について  主要商品のご紹介  製品説明書  塗装仕様書  製品カタログ 
  
Home製品情報主要製品のご紹介:ニューフォルテDX

バラストタンク補修用エポキシ樹脂塗料『ニューフォルテDX』旧塗膜の面粗し不要で補修コストを低減!!

船舶の塗膜面積の約3分の2を占めるバラストタンクには経済性・防食性の観点からタールエポキシ樹脂塗料が多く採用されています。しかし、その塗り重ね性の悪さから、新造後十数年を経たバラストタンクの補修は多大な工数と費用を要し、船体品質の維持管理及び船舶の延命化の大きな障害となっておりました。

ニューフォルテDXは、当社の技術により、劣化したタールエポキシ塗膜の上に高圧水洗のみで長期間安定した付着性能を実現した変性エポキシ塗料です。バラストタンク補修工事のコスト低減、バラストタンク内の明色化、塗膜のハイソリッド化を一度に実現できる、人と環境にやさしい画期的な塗料として、船体価値の維持・向上に貢献します。
塗装後6ヶ月の塗膜状態

特徴

特 徴 具体的な事項 効 果
高圧水洗のみでタールエポキシ塗膜に付着 研掃、排砂、清掃作業がなくなる
補修費の削減
補修作業の簡素化
補修作業の環境向上
タールフリー
タールを含まない
タンク内の明色化が可能となる
塗装作業環境の向上
検査者の安全性向上
ハイソリッド
VOCが低減できる
塗付量が少なくなる
環境負荷の低減
塗料費の低減


色

  グレー/赤錆


ニューフォルテDXの付着性

タールエポキシ
塗膜の履歴
暴露履歴 暴露30日→40℃海水浸漬90日
メーカー 当社品 他社品
タール種類 膨潤炭 中ピッチ 膨潤炭
樹脂系 アミン硬化
エポキシ樹脂
イソシアネート硬化
エポキシポリオール
アミン硬化
エポキシ樹脂
アミン硬化
エポキシ樹脂
補修塗料 ニューフォルテDX
当社タールエポキシ × × × ×
当社変性エポキシ × × × ×
他社変性エポキシ × × × ×

建造時にバラストタンクに塗装されたタールエポキシ塗膜は、暴露されその後長期間海水につかり、塗膜が劣化します。このような腐食環境にさらされたタールエポキシ塗膜は表面に脆弱層が形成されるようになります。(SEM写真参照)

この劣化したタールエポキシ塗膜に、水洗処理のみで一般のエポキシ樹脂塗料が補修塗装され、その後没水環境にさらされるとタールエポキシ塗膜と補修塗膜との層間で付着力が低下し、自然剥離を起こします。

一方ニューフォルテDXで補修塗装したタールエポキシ塗膜は、乾燥硬化過程で脆弱層がニューフォルテDXに拡散一体化し層間に脆弱層が残存しないため、その後没水環境にさらされても付着力の低下がなく長期間安定した性能が得られます。
ニューフォルテDX塗装後の断面図

断面図

初期のタールエポキシ塗膜 暴露や海水浸漬による塗膜劣化 乾燥・硬化過程 一般的なエポキシ塗料

タールエポキシ塗膜表面のSEM
ニューフォルテDX



Kansai Paint Marine Co.,Ltd. All rights reserved.