関西ペイントマリン株式会社
製品情報会社情報
英語サイト当サイトのご利用に当たって
 船舶製品について  主要商品のご紹介  製品説明書  塗装仕様書  製品カタログ 
  
Home製品情報塗装仕様書:修繕船(内航・小型船)【船底部】

塗装仕様書
新造船(外航・内航共通) 修繕船(外航・大型船) 修繕船(内航・小型船) image


修繕船(外航・大型船)【船底部】

下地処理 塗装仕様 膜 厚
(μm/回)
(部分補修の場合)
付着生物や塩分は高圧清水洗浄で除去し乾燥させる。汚れ、油、グリースなどは適宜、溶剤、洗浄剤を使用し除去する。浮いた塗膜、有殻生物などはスクレーパーで除去する。発錆(さび)箇所は、サンドブラストによりISO8501-1 (SIS)Sa2.5 以上に処理する。パワーツールを用いる場合は、ISO 8501-1(SIS)St3 に処理する。
シーラバン AC HB
クォンタム、新スリーエル各種
タッチアップ
フルコート
3回
2回
70
QD AC HB
クォンタム、新スリーエル各種
タッチアップ
フルコート
3回
2回
70
ニューフォルテ
シーラバン AC HB
クォンタム、新スリーエル各種
タッチアップ
タッチアップ
フルコート
1回
1回
2回
200
50
(全面補修の場合)
付着生物や塩分は高圧清水洗浄で除去し乾燥させる。汚れ、油、グリースなどは適宜、溶剤、洗浄剤を使用し除去する。全面をサンドブラストによりISO8501-1(SIS)Sa2.5 以上に処理する。
SDジンク100QD
エポマリンAC(M)
ユニバーサルプライマー

クォンタム、新スリーエル各種
フルコート
フルコート
フルコート
フルコート
1回
1回
1回
2回
25
200
50

膜厚は運航条件により異なります。


Kansai Paint Marine Co.,Ltd. All rights reserved.